トップページ > 活動レポート > 「参議院国土交通委員会委員派遣」(11月10日)




2011/12/6(火)
「参議院国土交通委員会委員派遣」(11月10日)

十一月十日、岩手県において、東日本大震災により被害を受けた社会資本の復旧復興状況等の実情を調査

【参加者】
岡田直樹委員長、池口修次理事、友近聡朗理事、吉田博美理事、佐藤信秋理事、谷合正明理事、大河原雅子委員、白眞勲委員、藤本祐司委員、藤原良信委員、岩井茂樹委員、吉田忠智委員、十二名



【現地調査の概要】

陸前高田市の国道四十五号
気仙大橋流出現場にて状況報告と実情調査

二か月以上も前倒しされ開通した仮橋


陸前高田市役所仮庁舎において、戸羽市長より状況報告と意見交換


大船渡市役所において、戸田市長より状況報告と意見交換


大船渡港にて状況報告と実情調査


釜石市橋梁桁流出現場にて、三陸鉄道株式会社望月代表取締役社長より
状況報告と実情調査。
三陸鉄道全線の運転再開は、平成二十六年四月ごろの見込みとなるとのこと。


【その他】
車中において、徳山東北地方整備局長及び清谷東北運輸局長より状況報告、三陸縦貫自動車道釜石山田道路の釜石両石―釜石北間(地震発生六日前開通し命をつなぐ道として機能)を視察

Copyright 2006-2016 Sato-Nobuaki. All Rights Reserved.