トップページ > 活動レポート(2014年) > TOKYO MX 「西部邁ゼミナール」(2014年4月27日)(2014年5月4日)




2014/5/2(金)
TOKYO MX 「西部邁ゼミナール」
(2014年4月27日第1回放送)(2014年5月4日第2回放送)

公共施設が乏しければ市場活力はかならず萎える【1】
佐藤信秋参院議員×藤井聡内閣官房参与

【概要】

国家の公共政策について深い理論と豊かな経験を持つ佐藤信秋参議院議員と藤井聡内閣官房参与が語る「公共施設が乏しければ市場活力はかならず萎える」。
東日本大震災からの復興・インフラ老朽化・巨大地震・洪水・土砂災害・大雪への対応について公共事業が国民の関心を集める。
マーケットという上部構造(スープラ)を支えるインフラ。メディアで報じられてきた地方の時代という誤解。人々は東京を目指し、政府は東京に投資をしてきた。
  資料

公共施設が乏しければ市場活力はかならず萎える【2】
佐藤信秋参院議員×藤井聡内閣官房参与

【概要】

佐藤信秋参議院議員×藤井聡内閣官房参与が論ずる。
国家が国民を守る代わりに果たすべき義務とは・・・
ポリティシャン政治屋ではなく総合性、一貫性、誠実性を兼ね備えた全体をまとめる政治家statesmanの必要性。
中央も地方も民間も官庁も国家プロジェクトとしてオールジャパンでの構えを!
強くしなやかな国土をつくるための国民運動体へと広げてゆくべき時。
危機に対応する備えが国土強靱化である。

Copyright 2006-2016 Sato-Nobuaki. All Rights Reserved.