トップページ > 活動レポート > 2007/12/13




2007/12/13
主張がとおりました
全国を1年間まわって主張した「ふる里納税」と「道路特定財源の維持」が、自由民主党平成20年度税制改正大綱で認められました。
内容は次のとおりです。
「平成20年度税制改正大綱」(抄)
平成19年12月13日 自由民主党


第二 平成20年度税制改正の基本的考え方
 3 民間が担う公益活動の推進、「ふるさと納税」
(3)個人住民税の寄付金税制、「ふるさと納税」
地域に密着した民間公益活動やわが国の寄附文化を一層促進する観点から、地方公共団体が条例により指定した寄附金を寄附金控除の対象とする制度を創設するとともに、「ふるさと」に対し貢献又は応援をしたいという納税者の思いを実現する観点から、個人住民税の地方公共団体に対する寄附金税制を大幅に拡充し、所得税と合わせて一定限度まで全額を控除する仕組みを導入する。


 6 道路特定財源
国及び地方の道路特定財源については、「道路特定財源の見直しについて」(平成19年12月7日 政府・与党)に沿って、真に必要な道路整備の計画的な推進や既存高速道路ネットワークの有効活用・機能強化等の措置を着実に進める必要性及び、厳しい財政事情や環境面への影響にも配慮し、20年度以降10年間、暫定税率による上乗せ分を含め、現行の税率水準を維持する。
なお、道路の中期計画の見直しを踏まえ、道路整備の状況等を勘案し、必要に応じ、所要の検討を加えることとする。
また、自動車関係諸税については、税制の簡素化が必要との指摘もあり、今後の抜本的な税制改革にあわせ、道路の整備状況、環境に与える影響、厳しい財政状況等も踏まえつつ、暫定税率を含め、そのあり方を総合的に検討する。


Copyright 2006-2016 Sato-Nobuaki. All Rights Reserved.